お届けしたいのは〝   〟
行き交う人たちの瞳が輝く
雨粒が雪に変わる時
樹々の間から射し込む光
少し暖かい午後
雲におおわれた夜空の向こうの
星々を想像するとき
瞳を閉じて聞く
風の音
何気ない時々に
〝これかな〟と
思う瞬間がありました
野花の香り  出会いと別れ
お届けしたいのは〝   〟